アラフォーで初めて婚活パーティーに参加しました!

仕事一筋だったけど、やっぱり結婚したい

38歳、いわゆるアラフォーと言われる年代です。
これまで仕事一筋で生きてきました。
彼氏もそれなりに居ましたが、結局仕事優先で結婚には至りませんでした。
35歳ぐらいまで特に結婚願望も無かったと思います。
独身の友達も多く、「老後は一緒に生活しようね」等と口約束をしていました。
ところが独身だった仲間たちが、「子供が欲しくなった」「老後が心配」といった理由から、続々と結婚を決めていったのです。
ずっと一緒だったと思っていた友達が既婚者になった訳ですから、急に何とも言えない寂しさを感じるようになりました。
そして自分も「早く結婚しなければ」という焦りが出てきました。
まずは合コンに参加して相手を探そうと思いましたが、同年代の友達は既婚者ばかりなのでお願いする事は出来ません。
そのため職場の後輩たちに混ぜてもらってコンパに行きましたが、明らかに私だけが浮いてしまい、相手側からは全く相手にされませんでした。
もうコンパに行ってちやほやされる年代ではないと思い知らされ悲しい気持ちになったのですが、そんな時に婚活パーティーへ行って結婚相手に出会った方の体験談を読む機会がありました。
婚活パーティーはこれまで考えた事も無かったですが、真剣に結婚相手を探すのなら、相手側も結婚を考えている人達の中から探す方が賢いかもと感じるようになりました。
そこで38歳にして初めて婚活パーティーに参加する事にしました。
私が行ったのは、男女ともに35歳から45歳までと限定されていました。
どんな人達が来ているのだろう?と多少ドキドキしながら会場へ向かったのですが、30代の男性は少なかったように思います。
男性のほとんどが40歳以上で、自分より若い男性とお付き合いしたいと思っていた私にとっては、少し残念な状況でした。

仕事一筋だったけど、やっぱり結婚したい今は彼と結婚に向けて準備しています

婚活に本気になったら婚活パーティー | 婚活中の年下男性と年上女性の年の差パーティーセッティング

初めての婚活パーティーの時に気になって声をかけた人が結婚相手になりました

20代の頃は何人かの男性とお付き合いしたり、しばらくの間、同棲していたこともありました。
いつの日かこの人と結婚するのかなと淡い期待は抱いていながらも、実際にウェディングドレスに身を包んだ自分の姿を想像すると、いやまだ早いかな、もうちょっと独身を満喫したいな、と変な気持ちが湧き上がってきて、結局のところその方ともゴールには至らずじまい。
そんなモラトリアムを抱えがちなところが私の弱点で、それは30代になった今でもあまり変わってはいません。
そんな私の生活を知っているせいか、親や友人たちは本気で心配してくれて、このままだと本当に一人きりでおばあちゃんになっちゃうよとまだ言われてしまいました。
そんなことを考えていると私も怖くなったので、まだ取り返しがつくうちに自分を追い込んでくることにしました。
そこで見つけたのが婚活パーティーだったのです。

初めは親からの勧めもあって結婚相談所に登録しようかなと思っていたのですが、そこまで本気なことをしてしまうと自分自身の気持ちが冷めてしまいそうだったので、多少は相手探しや恋愛気分を楽しむことができる婚活パーティーが最適なのではないかと思ったのです。
しかし問題は、パーティーは参加者が圧倒的に多いということです。特に最近は結婚できない私のような男女が集結するせいか、どこの婚活パーティーも結婚相手を探す人でいっぱいです。
果たしてこんな大人数の中をかいくぐりながら、本当に理想の結婚相手を見つけることができるのか、私の頭の中は疑問符だらけでした。

しかしいざ戦場へと足を踏み入れると、その会場やプログラムも意外ときちんと統制がとれていて、大人数が効率よく結婚相手を探すことができるように配慮されていました。
私の場合、まず番号札を渡されてその席に着くと、前半部分では次々と3分ごとに席を変えて違う男性とお話しする時間を重ねていく千本ノックのようなおしゃべりタイムがありました。
この中で参加者は相手の番号を記した用紙に外見について論評したり、言葉を交わした内容やアピール内容を記述したりしながら、数十人と会った中でどの人が自分が理想的と思える相手なのかをチェックしていきます。

さすがに詳しくメモをしていたからでしょうか、それを紐解くと後で振り返っても誰がどんな特徴を持った人なのかをつぶさに思い返すことができました。
それから後半部ではすべての垣根を取っ払った歓談タイムとなりましたが、もちろん男女ともに先ほど言葉を交わした中で心惹かれた人の元に歩を進め、もっとたくさんの言葉を交わしたり、相手の長所を誉めあったり、次に会う機会の約束を取り付けたり、連絡先を交換しあったりするなど懸命にアピールをし続けます。

私も初めての婚活パーティーだったので、最初はかなり引っ込み思案になってしまったのですが、次第に雰囲気に慣れてくるとガンガンと攻めていけるようになりました。
そして私のお目当ての人が一人でいるところに思い切ってアタック。
すると相手も私と会話が弾んだ時のことを覚えていてくれたらしく、先ほどの延長戦のように話はすぐに盛り上がって二人の相性が抜群に良いことをお互い納得しました。
その時はまだ結婚相手になるだなんて思ってもみませんでしたが、それから3ヶ月お付き合いをした後、彼の方からよかったら結婚して欲しいというプロポーズの言葉をもらい、あれよあれよという間に結婚の手はずはすべて整ってしまいました。

なんども婚活パーティーに足を運んでもなかなか良い人にめぐり合えなかったり、交際相手が見つかってもなかなか結婚までたどり着けない人も多い中で、私がこうして最高のパートナーに出会えたのは本当に奇跡だと思います。
まだ新婚ホヤホヤではありますが、せっかく天から降ってきた奇跡を大切にこれからも最高の家庭を築いていきたいですね。